24peaks.com

ただでお金をもらって、食べている怒り

2019-1-27 16:10:04

最近は双11が近いため、どこでも无料でお金を受け取るというニュースがあって、いくら饶はタオバオを歩きません。


今度は昼食を食べ终わって、暇なことは何もなくて、しばらくタオバオを开いてちょっと见て回って、无料でお金を受け取る活动を见て、また子供のころのスナックに目を夺われました。


中はやはり私の年齢を暴露する美しい思い出で、辛くてとびきりあめ、肥えた牛、石チョコあめなどがありますが、私の最も心が动いたのはやはり末っ子のあっさりした面です。


小さい时、私は外国の嫁さんの家のことが好きで、ただ周末の时间が过ぎるのが速すぎて、毎回おばあさんが私を家に送って帰る时、私はいつも1回騒いで、彼女を行かせません。


ばあちゃんはできないから、売店で小さいお店を一袋买って、私が食べている间に、こっそり逃げてね。


私が気づきかけたら、おばあさんはもう家に着きました。


病気になるたびに、注射が怖いのは、若だっさんが治してくれた傷の心身だけです。


上の1つの笑うのはとても楽しい人形、香ばしいおせんべい、1袋食べて私を楽しませることができて、ただ今の小さい当人は多くの味を出して、最も还元したのは牛肉の味で、私の最も嫌いなのは香ねぎの味です。


もともと売り手と相谈して、ネギの味を出さずにはいられないことを考えて、ほかの4种类のランダムでいいと思いましたが、残念なことに、彼らの出荷はすべてランダムであり、ただでお金を受け取るのと同じで、ある味を指定することはできません。5种类の味はだいたい一部を占めています。


私は非常に残念ですが、しかし、これは子供のころを贯く小さい当主であることを考えて、だからやはり思い切って注文して、それから、1粒の期待に満ちている心を持って、じっと私の小さい当主を待つ。


2, 3日待って,とうとう小人の家がやって来た。


家に着いた途端、私は興奮した心をおさえて包みを開けると、真っ先に目に飛び込んできたのはズタズタと並んだ美味しそうなカニの匂いだった。

copyright© 24Peaks Copyright